家 和風

和風の家に住むメリットにはどんなものがあるか

日本人ならやっぱり和風の家がいいと、最近和風建築が見直されつつあります。古民家ブームもそのひとつです。和風の家は日本人の生活スタイルに合っており、これまで築かれてきた文化に根付いた建築方式だからです。和風建築と言えば、自然素材が豊富に使われており、調温機能だけでなく、調湿、吸音など機能が優れていることが特徴です。畳は素足で過ごすことができて心地よく、木や土のぬくもりを感じられるのもメリットです。和風建築の特徴でもある瓦屋根は耐久性が高く、メンテナンスもあまり必要ないため、洋風建築と違いランニングコストがかかりません。夏の直射日光にも強いのも特徴です。伝統的な工法を取り入れつつ、洋風の機能性も取り入れた和風モダン建築にも注目が集まっており、現代のニーズに合わせたスタイルも人気があります。

和風の家で感じられるメリットとデメリット

和風の家に住むメリットは、調温調湿などの心地よさだけではありません。深い軒がある作りは、雨の日も吹き込む心配がなく、引き戸を開けて外気を取り込むことができます。また、南北方向を意識した造りになっていることから、日当たりがよい家が多く、窓からの眺めなども考えられています。外の自然とのつながりを大切にデザインされています。デメリットとしては、耐震性能への不安、自然のものを活かした構造であることから、劣化の心配などがあげられます。土壁ではひび割れ、水回りの腐敗なども考えられます。また、障子やふすまなどの仕切りではプライバシーが保ちにくいことなどもあります。メリットもデメリットも取り入れつつ、和風と洋風の機能性を取り入れ、現代のニーズに合った和洋折衷の家が理想的と言えるのではないでしょうか。

和風建築の良さを生かした和モダンの家が魅力的

和風建築の良さと欧米のスタイルを併せ持った和モダンの家では、現代の建築技術と日本の伝統美とが生かされており、古き良き日本のスタイルと同時に新しさも感じられるのが特徴です。自然の木のぬくもりや調湿性などはそのままに、使い勝手の良さなども追及されており、大変魅力的です。歴史ある建屋も再生することで現代風に生まれ変わらせることができます。夏を快適に過ごすための知恵や四季の移り変わり、周囲の自然との調和も感じられ、メンテナンス次第で耐用年数は非常に長く、中には今では手に入れられないほどの希少な材料が使われていることもあります。またすべてが再利用可能な材料であることも魅力です。長きにわたって培われてきた伝統工法を現代のライフスタイルに活かしながら大切に住み続けられる古民家は今大変注目されています。